千葉市若葉区中央区の交通事故のむちうちで評判のいい鍼灸整骨院かまたき
『電話をしてからお越し下さい』  『当日予約OK』  『むちうち治療は平日22時まで診察』

交通事故後による発熱

交通事故後による発熱

交通事故の後、風邪を引いたわけではないのに発熱症状がみられる方がいます。交通事故によるむちうちは単に首の痛みだけではなく身体に様々な不調をもたらすため、発熱は交通事故による影響ではないかと考えられます。

どうして交通事故の後に熱が出るのか、熱が出やすい人はどんな人か、また発熱した場合の対処法など詳しく解説していきます。

交通事故による発熱 考えられる原因

思いもよらない交通事故は身体にも心にも負担がかかります。

発熱の原因で考えられる理由は以下の3点です。

むちうち

交通事故後に発熱が見られるのは「むちうち」の1つである「バレーリュー症候群」が原因ではないかと考えられます。

交通事故の際、もっとも起こりやすい症状であるむちうちは、障害を受けた部分によって4つに分類されます。。バレーリュー症候群はその1つです。

バレーリュー症候群は、首の筋肉や骨だけではなく、神経まで衝撃を受けた際に発症します。

発熱やめまい、耳鳴り、目のかすみなどの症状があらわれます。自覚症状があるのにも関わらずレントゲンなどの画像検査では明確な損傷が特に見当たらないのが特徴です。

首には様々な神経が通っているため、バレーリュー症候群では自律神経が損傷を受けることで症状が出ているのではないかと考えられています。自律神経には体温を調節する機能が備わっていることから、発熱の原因は自律神経の機能が低下することによって引き起こされるのではないかと推測されます。

頭を強く打った

頭を強く打つことで発熱することがあります。交通事故の衝撃で、頭部を強く打ちつけてしまった人が一時的に発熱することがあります。頭部への衝撃が大きいほど、視床下部に変調をもたらし、体温調節を行うなど基本的な身体機能が低下し、発熱症状があらわれることがあります。

ストレスによる自律神経の乱れ

幸いにも交通事故による症状は軽症で痛みもなく身体は元気なはずなのに熱が出るという方もいるでしょう。

バレーリュー症候群の可能性もありますが、そうではないかもしれません。

事故のぶつかった音や衝撃の強さにびっくりすると心が興奮状態になります。興奮状態が長く続くと自律神経が乱れがちになり発熱することがあります。

また、交通事故のあとは、保険の手続きや車の修理、事故相手との話し合いなど慣れない作業の毎日が続きます。自分では大丈夫と思っていても緊張続きの毎日に心は疲弊しきっているかもしれません。

自律神経はそうしたストレスや多忙な生活、睡眠不足が続くことで乱れ様々な症状となってあらわれます。発熱も身体からのサインであり、休息を取るよう促しているのかもしれません。。

発熱する人 しない人

同じように交通事故に遭い、同じようなケガをしても身体に感じる症状は人それぞれ違ってきます。

理由は様々ありますが、以下のような方が発熱しやすい傾向にあるようです。

  • 普段からストレスを感じやすい人
  • 事故で頭を強く打った人
  • 事故に遭ったとき車のスピードが出ていた人

普段から考え事が多い人は、そうでもない人より交通事故を重く考えてしまいがちです。

「あの時あの道を通らなければ、あの時止まっていれば」など考え始めると悩みは尽きません。その結果ストレスを感じ、自律神経が乱れ発熱してしまう可能性があります。

また、事故の際、頭を強く打ちつけたり、打ちつけてはいないが、スピードが出ている時に事故に遭ってしまった方は衝撃の大きさに比例してむち打ちの症状が強く出てしまうようです。

発熱したときの対処法

交通事故による症状は、自然に改善されることはありません。「それほど深刻な症状じゃない」「安静にしていれば、そのうちに良くなる」と思い、放置してしまうとますます症状が悪化してしまいます。

様子をみてもいい発熱なのか、すぐに対処しなければならない発熱なのか、見極める必要があります。

  • 気持ち悪さがある
  • 立っていられないほど強いめまいがある
  • おう吐を伴う
  • 1日経っても解熱しない

以上のような症状も同時にある方はすぐに病院を受診することをおすすめします。

発熱以外に症状がない方で、発熱していることが特にきつくないのであれば安静にして身体を休ませましょう。ストレスによる発熱であれば休息をとることで症状は改善されていきます。

また、発熱症状がきついのであれば解熱剤を飲んでも構わないでしょう。無理に我慢していては、症状を悪化させてしまう可能性もあります。

事故に遭ったそのときは興奮状態にあり、発熱以外の症状があっても気づかないことがあります。

発熱症状が落ち着いた後でもいいので病院を受診し、他にも症状がないか検査してもらうことをおすすめします。その際は医師に発熱症状があったことも伝えておきましょう。

発熱している場合整骨院には通えるのか?

整骨院に通う前に1度、病院や整形外科を受診することをおすすめします。

整骨院では医学的な検査が出来ません。そのため、安心して治療に取り組んでいただくため発熱の際は医師の診断を優先します。

発熱症状がある場合「脳に損傷があるかもしれない」「骨折部位があるかもしれない」などさまざまな憶測があります。万が一に備え患者様の症状が悪化してしまわないよう、まずは、病院に行き検査してもらうようすすめております。

検査の結果なんともなかったら整骨院へ来てください。整骨院は交通事故の症状を改善させることを得意としています。

まとめ

交通事故の後、さまざまな要因から発熱することがあります。

痛みを伴わないこともあり、放置してしまう方もいるようですが、どんな場合でも交通事故に遭ったらまずは病院を受診しましょう。

発熱は、身体からの何らかのサインです。「熱が出ただけ」と軽く考えず、交通事故の後遺症を残さないためにも積極的に治療を受けるようにしましょう。