千葉市若葉区中央区の交通事故のむちうちで評判のいい鍼灸整骨院かまたき
『電話をしてからお越し下さい』  『当日予約OK』  『むちうち治療は平日22時まで診察』

保険会社と揉めない病院のかかり方

byouinn

交通事故後、通院は2週間以内に!

交通事故でケガをしたらすぐに病院か整骨院を受診して下さい。
遅くても2週間以内に受診しないと治療が受けれなくなります。

交通事故でケガをした人の中には「これぐらいなら動けるから」と病院に行かないまま2週間が過ぎた後に、痛みを強く感じ病院に行く方がいますが、自賠責保険を使った診察はしてもらえません。

交通事故が起きてから2週間が経った後の痛みを訴えても、交通事故が原因で出た痛みだと判断できません!
交通事故との因果関係が証明出来なければ、自賠責保険の適応は出来ないのです。

交通事故に遭ったら、ささいな身体の不調でも自賠責保険が適応できる2週間以内に必ず受診して下さい。

診断書に記載がないと治療の対象外

病院で頸椎捻挫と診断を受けた後に、少し違和感があったが「これぐらいなら大丈夫」と先生に伝えていなかった腰が2週間後に痛くなった場合は、腰の治療は自賠責保険の対象外になります。

交通事故では診断書に記載のある傷病名が治療対象になります。
記載のないものは自賠責保険を使った治療は出来ないので、治療を希望する場合は実費になります。

実費を払って治療を受けて相手に請求することは出来ますが、相手がそれを了承するとは限りません。

診断書に記載がないと後で面倒な事になるので、痛みはもちろん違和感や重だるさを感じる場所はすべて診断書に記載してもらうようにしましょう。

診断書を作成してもらったら、自分の主張が記載されているのかその場で確認して下さい。
もし記載漏れがあればすぐに加筆してもらいましょう。

交通事故の痛みはレントゲンにうつらないものもありますので、きちんと痛みを主張して先生に伝えましょう。

診断書にきちんと病名が書かれている事は、適切な施術を受けるため、また交通事故の後遺症を残さないためににとても大切なことです。

診断書にかかれる病名の記載例

捻挫   頚部捻挫(くびの痛み)、肩関節捻挫(かたの痛み)、肘関節捻挫(ひじの痛み)、手関節捻挫(手首の痛み)、腰部捻挫(こしの痛み)、股関節捻挫(またの痛み)、膝関節捻挫(ひざの痛み)、足関節捻挫(足首の痛み)

打撲   頭部打撲(あたまの痛み)、胸部打撲(むねの痛み)、肩打撲(かたの痛み)、前腕打撲(うでの痛み)、肘打撲(ひじの痛み)、背中打撲(せなかの痛み)、腰部打撲(こしの痛み)、膝打撲(ひざの痛み)、足部打撲(あしの痛み)

筋挫傷  背部挫傷(背中の痛み)、腰部挫傷(腰の痛み)、腓腹筋挫傷(ふくらはぎの痛み)、大腿筋挫傷(太ももの痛み)、上腕部挫傷(にのうでの痛み)、前腕部挫傷(うでの痛み)など

診断書を取り直す

診断書に頸椎捻挫と記載されていて首の治療をしていたが、数日後に腰も痛みが出てきた場合は、診断書に施術を希望する場所を加筆してもらいましょう。

交通事故にあってから2週間以内でしたら診断書を取り直すことができます。

先生によっては、診断書の加筆を拒む方もいらっしゃるようですが、その場合は、整形外科を変更しましょう。
どこの整形外科がいいか分からない場合は私がご紹介致します。

なるべく加筆にならないように、初診時に痛みはもちろん違和感や重だるさを感じる場所はすべて診断書に記載してもらうようにしましょう。

治療期間は一ヶ月をあけない

あまり痛みを感じなくなったり、忙しさにかまけて病院や整骨院に行くことが一ヶ月以上たってしまう方がまれにいらっしゃいます。

一ヶ月治療実績がない場合は、治療の継続が困難になります。

交通事故ケガをして痛みや身体の不調があるにもかかわらず治療に行かないという事は、治療の必要性がないものと判断され治療の継続が出来なくなります。

痛みを感じなくても先生が治ったと判断するまではきちんと通院して下さい。