千葉市若葉区中央区の交通事故のむちうちで評判のいい鍼灸整骨院かまたき
『電話をしてからお越し下さい』  『当日予約OK』  『むちうち治療は平日22時まで診察』

保険会社から「まずは整形外科に行って」と言われた

保険会社から「まずは整形外科に行って」と言われた

交通事故に遭い、「とりあえず病院に行こう!」と考え、近所の整骨院に行こうと思い保険会社に連絡をした。ところが、「とりあえず整形外科に行ってください」と言われた。なぜ整骨院じゃだめなの?

このようなお話を非常によく耳にします。

今回はなぜ「とりあえず整形外科に行ってください」と言われるのか、また時間が作れずなかなか整形外科に通えないときの対処法について解説していきます。

保険会社が整形外科を勧める理由

  • 保険金の手続きにおいて診断書が必要なため
  • ケガの状態に医学的根拠が必要
  • 治療が長引いた場合の対策

交通事故では、ケガの状態に応じて保険金が受け取れます。その保険金の手続きの際、医師の診断書が必要になってきます。

保険金は皆様の大切な保険料から支払われるので”痛いから、はいどうぞ”といった具合に支払うわけにはいきません。そのため、「本当に治療が必要なのか」を医師に判断してもらう必要があります。

実は中には悲しいことに「痛い痛い」言い続け保険金をたくさんもらおうとする人がいます。保険会社ではこのようなことがないよう医学的な診断をお願いしているのです。

また、万が一に症状がなかなか改善しきらなかった場合に後遺障害の認定が受けられる可能性があります。その場合には医師の診断が必ず必要になるので、後から「聞いてない!」とならないように、はじめから医師に症状の判断をしてもらうことをすすめられるのです。

仕事が休めなくて整形外科に通院できない

中には、「外傷こそないけれど痛みが酷い。しかし、外見上は元気そうなので仕事が休めない。」という方もいるでしょう。実際そのような方は多いです。

交通事故でもっとも多いむちいうちは、「そのうち治るだろう」軽く考えてしまうと、その後何年も症状に悩まされてしまうほどのケガです。そのためなるべく積極的に症状改善に取り組んでいただきたいです。

では、整形外科に通院できない場合、整骨院へ通院するときのポイントをご紹介します。

まずは整骨院に行く

保険会社は、あくまで保険金の手続き上整形外科に行くように促しますが、治療院を選ぶ権利は事故に遭った本人にあります。なのではじめ時間を作って整形外科に行ってください。しかし、どこに通院するかは自分で決めても大丈夫です。

この時、整形外科、整骨院どちらに行く場合でも交通事故から2週間以内が鉄則です。この時期を過ぎると、痛みと事故の因果関係が認められず、保険金が支払われない可能性もあるので気を付けてください。

通院するタイミングは整骨院が先でも構いません。

整形外科の診察時間内に通院が難しい場合、「今週は時間が作れないけど来週なら何とか。」と痛みを我慢して通院を先延ばしにする必要はありません。

先に遅い時間までやっている整骨院への通院は可能です。まずは身体のケアを優先にすることが大切です。もしも先に整骨院へ行って保険会社から何か言われても「仕事が休めない。痛みが強く辛かった。」など伝えることで保険会社も納得してくれることが多いです。

先に整骨院へ行った場合でも時間が作れるときにきちんと整形外科に行きましょう。

整骨院の通院で保険金が減額されることはない

整骨院に通院できることは分かったけれど、保険金が減額されることがないのか心配になりますよね。

心配いりません。整形外科に通っても、整骨院に通っても支払われる保険金の計算式は同じです。

そのため、治療効果が高く、なお且つ通いやすいと思う方を自分で選んでコツコツ治療に励んでください。

整骨院だけの通院でもOKな場合もある

これはあまりおすすめしませんが、明らかに骨折や外傷がない場合に、「近くに整形外科がない」「整形外科の診察時間内で通院が出来ない」などの場合に整骨院のみの通院が許されることもあります。

この場合、軽症である、通院が短期間になる、後遺障害の認定が受けらないなどの条件があるので保険会社に相談するのが良いと思います。

整骨院に先に行くメリット

突然事故に遭い、ワケがわからないまま相手の保険会社との連絡や車の修理のための手続き、警察とのやりとりなど心が平常心でないまま事がすすんでいきます。

そんな状態では自分の身体の症状を把握しきれていないのが現状です。

そのまま整形外科に行っても、レントゲンなどの画像検査でははっきりとした異常が見当たらないむちうちの症状に気が付くのは難しいです。

せっかく診断書を作ってもらっても後から後から痛い箇所に気づき困った!なんて話もよくあることです。

身体の検査で痛む部分を発見するお手伝いをします

整骨院では基本的に整形外科の診断書に従い施術します。

鍼灸整骨院かまたきでは、整形外科よりもさきに来ていただいた場合、「後から痛みに気づき交通事故の治療として認められなくなった」というトラブルがないよう、交通事故の症状を見つけるお手伝いをさせていただきます。

検査と言っても機械や器具は使用しません。

実際に動いてもらったり、関節を動かしたり引っ張ったり、押したり刺激を与えて普段感じていない違和感に気づいてもらいます。

交通事故の際起きやすい症状を知っているからこそ出来る事です。

自分で痛みを確認する作業も可能ですが、その場合万が一悪化してしまうこともあるので自分でやることはお勧めしません。

治療部位についての説明

痛みが出ている場所が把握出来たらその後、整形外科に行く際の痛みの伝え方のポイントを説明いたします。

漠然と「首が痛い、背中が痛い」だけでは診断書に治療部位が細かく記載されません。そうすると、診断書ベースで施術する整骨院としては書かれていない場所の施術をすることが出来なくなってしまいます。

また、万が一後遺症として残ってしまった場合も、この診断書をベースに認定を受ける事になるので、症状が伝わりきっていないのは致命的なことです。

併用できる整形外科を紹介することが出来る

整形外科の中には、整骨院への通院を認めないと言ってくる病院もあります。

治療院を選ぶ権利は本人にあるのにそんなことを言われるのは悲しい事です。

鍼灸整骨院かまたきでは、整骨院との併用を認めてくれる整形外科をご紹介することが出来ます。

自分のペースに合った通院でしっかり身体のケアに取り組むことが早期改善の近道です。

整骨院を選ぶ理由

少し話は反れますが、整骨院を選ぶ理由は人それぞれですが、お客様から方から以下のような声を聞くことが多いのでご紹介します。

  • 整形外科はいつも混んでるし、パッと行って時間の無駄がない整骨院が好き
  • 整形外科の電気治療が苦手。整骨院のような人の手でケアしてもらう方が気持ちがいい
  • 夜遅くまでやってる整骨院の方が仕事帰りも寄れるので通いやすい
  • 整形外科に比べて待たずに診てもらえるので時間の無駄がない
  • 電気、くすり、湿布などの簡単な治療だけで不安を感じる
  • いつもスタッフが違っていて、毎回痛い場所を説明するのがめんどくさい

整骨院に先に行く事によるデメリットはあるのか?

  • 診断書が書けない
  • レントゲンなどの画像検査が出来ない

もしも、すぐに診断書が欲しいのであれば整骨院では診断書を書くことは出来ません

しかし、整骨院だからと保険金が支払われないこともないですし、早期で治療が打ち切りになることもないです。

交通事故治療に関しても整骨院は整形外科同様の扱いになり保険会社ともめることはありません。

交通事故治療における通院時の窓口の支払いもありません。

また、整骨院では症状が改善されないということはありません。みなさん元気になっていますよ!

整形外科と整骨院を上手に使い分けて、しっかり身体をケアしていただきたいです。

まとめ

もしも、整骨院に行こうと思ったのに「先に整形外科に行って」と言われても、多忙な時は遅い時間までやっている整骨院に先に行っても大丈夫です。

しかし、保険金の手続きのために医師の診断書は重要となるため事故から2週間以内には整形外科を受診し、診断書を書いてもらいましょう。