MENU

示談交渉について

事故直後から示談の準備が始まります。

 

交通事故にあった場合、まずは加害者の身元確認をしましょう。

免許証、健康尾保険証などをカメラで撮影したり、連絡先や氏名をメモをとったり名刺をもらったりしましょう。

 

次に、必ず警察に通報して事故証明書を発行してもらいましょう。

事故証明書があって保険の手続きが行えます。

 

もし加害者が「警察を呼ばないでほしい」「お金を払うから示談してほしい」と言ってきても応じてはいけません。

 

警察を呼ばなければ事故証明書の発行ができないので保険を使うことは出来ない。

またその場で金銭のやり取りをして示談してしまうと、「やっぱり車の修理代が足りない。」「治療費が足りない。」と相手に追加の請求をしても相手が素直にお金を払ってくれるとは限りません。

 

このような事を防ぐため警察に通報して事故が起こった事を記録してもらいましょう。

また第三者に介入してもらうことで変なもめごとが起こらなくなり示談交渉もスムーズにいきやすくなります。

 

 

交通事故で加害者になって相手を怪我をさせたら、すぐに救護をして救急車の手配や警察への通報をしましょう。

加害者が誠実に対応していると被害者の心証が良くなって、示談のとき有利にすすめることができます。

 

示談交渉の相手

通常は加害者側の保険会社と被害者側の保険会社で示談交渉をすることになります。

加害者が任意保険に加入していない場合には、相手方本人と示談交渉します。

 

このとき、保険会社同士で勝手に話を進めて示談をまとめてしまうこともあるので、必ずどういう内容になっているのかをご自身で確認してから示談して下さい。

 

また、後方からの追突事故のような過失が0の場合は、加入している保険会社の示談代行サービスが利用できず、直接被害者が、加害者側の保険会社と示談することになります。

 

保険会社と示談交渉する際は必ず即決しないで、自分への補償が妥当か調べましょう。

もし、自分に不利にならないようにしたいなら弁護士にお願いして正当な金額を教えてもらいましょう。

 

 

示談交渉の流れ

 

物損事故の示談

物損事故の場合には、車の修理などがすべて終わり、損害額が確定した時点で示談交渉を開始します。
物損だけなので、損害額を確定しやすく、事故後1ヶ月くらいで示談交渉ができることも多いです。

 

 

人身事故の示談

人身事故の場合には、治療が終了したあとに示談交渉を開始します。

治療は長期になることも多く、半年から1年後に示談交渉を開始できるということもあります。

 

ポイント

治療を終了する時期はケガが治ってからですが、治りが悪いケガもあります。

なかなか治らないけど永遠に治療を続けていくことは出来ません。

 

そこで症状固定といって医師が、症状はあるけどこれ以上治療をしても治る見込みがないと判断したものが症状固定です。

 

ここの判断も医師の見解によって異なってきますが大体が半年から1年と言われています。

 

 

死亡事故の示談

死亡事故の場合は、葬儀などが終わったら、損害額は確定できますので、すぐに示談交渉をすることができますが、実際には、49日の法要が終わった頃に示談交渉を開始することが多いです。

 

 

示談の期間はどれぐらい?

個々のケースによってかかる期間は変わってきます。

 

損害額のみ争いのある示談期間………3か月以内に示談がまとまるとが多い。

過失割合に争いのある示談期間………3か月以上かかることも多く、裁判に移行することもある

後遺障害等級の争いがある示談期間………半年~1年以上示談がかかることもある

 

交渉期間を短くできるのは、交通事故に強い弁護士頼むようにしましょう。

 

 

 

示談と裁判の違い

 

示談では、相手(保険会社)と補償について話し合って合意に至る必要があります。


これに対し、裁判の場合、お互いの主張を立証し裁判官が法律的に妥当な主張を採用し、それにもとづいて判決を書きます。

 

判決では、こちらの主張が必ずしも認められるとは限らないので負けてしまうこともあり得ます。

 

示談交渉のメリットとデメリット

 

示談交渉のメリット…被害者が自分で対応できるので、弁護士に依頼しなければその費用はかかりません。示談によって早期に決着することもできる。

 

示談交渉のデメリット…相手保険会社は低額な任意保険基準で損害賠償金額を計算してくるので、示談金がかなり低くなる。

 

 

示談金を左右する要素

 

後遺障害等級の認定

後遺障害とは、交通事故によるケガがこれ以上治療を継続しても完治せずに残ると判断された障害のことです。

1級から14級までの等級があり、それぞれの等級に応じた後遺障害慰謝料と逸失利益を相手に請求することができます。

 

後遺障害について

 

 

過失割合

過失割合とは、交通事故が起きた時にどちらに過失が多くあるかを割合で示して賠償金額を割り振ります。

 

もちろん相手に過失が多い方が自分が受け取る示談金は増えます。

 

過失割合の基礎知識

 

 

弁護士基準

弁護士基準とは、交通事故の損害賠償金の計算方法の1つです。

 

交通事故の損害賠償金の計算方法には、自賠責基準 < 任意保険基準 < 弁護士基準の3種類があります。

 

この中で、自賠責基準が最も安く、任意保険基準が中くらい、弁護士基準が最も高額になります。

同じ事故内容でも、弁護士基準で損害賠償金額を計算すると、他の2つの基準で計算した場合と比べて示談金の金額が2倍以上になることも普通によくあります。

 

 慰謝料について

 

 

損害賠償金の請求権には時効がある

 

時効の期間

損害賠償請求権の時効期間は、民法において、損害及び加害者を知ったときから3年と規定されています(民法724条)。


また、損害発生から20年が経過したときにも、除斥期間によって損害賠償請求権は消滅します。

 

よって、示談交渉を円滑に進めていく必要があります。

 

スムーズに進めていくのに簡単なのが弁護士に頼むことです。

 

ご自分で知識をつけて交渉することもいいでしょうが労力の割に貰える金額は少ないでしょう。

 

 


交通事故被害者窓口

 line.png 

24時間いつでも相談無料     院長が直接対応します。                          

①お名前

②事故が起きた日

③お身体の状態 

以上の内容をメッセージでお送り下さい。                

お役立ち記事

交通事故症例

交通事故で知るべきポイント

むちうち症状の悩み解決

自賠責保険・任意保険

後遺障害認定の受け方

過失割合について

営業時間、平日 8:30-12:00 15:00-22:00
土曜 8:30-17:00(受付は診療終了時間30分前まで) 
休診日 木曜午後・日曜祝日 

こんにちは(ご挨拶) 

あなたの首・肩・背中のコリや痛みを外傷施術のスペシャリストが改善いたします!
首や肩の動きが制限されて辛い・・・そうお思いのあなた!
むち打ち症の対処の仕方や自宅で行う体操法などわたしが丁寧にお話しします。
 

交通事故むちうち専門ラボ
(鍼灸整骨院かまたき) 代表
鎌滝 徳孝 (柔道整復師)

アクセス

〒264-0035
千葉県千葉市若葉区東寺山町572-21

JR線千葉駅車5分 駐車場あります
交通の便の詳しいご案内はこちら

運営者情報


© 2019 交通事故むちうち専門ラボ All rights reserved.