千葉市若葉区中央区の交通事故のむちうちで評判のいい鍼灸整骨院かまたき

単独事故での自分のケガは任意保険を使って治療できる!

単独での交通事故を起こしてしまった場合、相手がいないと自動車保険は使えないと思っている方もいるようです。

しかし、相手のいない交通事故でも自動車保険を使って自分の身体のケガを治療することができます。

ここでは単独での交通事故において自分自身がケガをしてしまった場合、自動車保険を使って交通事故治療を受ける際の注意点について詳しく解説していきます。

自損事故とは?

一人で起こした交通事故は『単独事故・自損事故・自爆事故』などと言われています。

脇見運転や自分のハンドル操作ミスなどが原因で壁や電柱にぶつかって起こす交通事故です。『物損事故』のひとつとして扱われ、交通事故の際相手がいない事故のことを言います。

任意保険に加入していれば自損事故でも補償を受けられます

自動車保険は車を購入する際加入が義務づけられている『自賠責保険(強制保険)』と任意で加入する『自動車保険(任意保険)』の2種類があります。

自賠責保険

自損事故の場合、自分の身体のケガに対して自賠責保険は適応されません。

自賠責保険は法律で加入が義務付けられている強制加入の保険であるため、補償の対象は被害者のみです。そのため、自分自身のケガに対する補償はありません。

任意保険

任意加入の自動車保険は、自賠責保険では賄えない部分を補ってくれる保険です。自分で保険会社を選択し、保険の内容も自分のライフスタイルに合わせて加入します。保険料は上がってしまいますが、自損事故に対する補償も用意されています。

自損事故の場合『人身傷害保険・搭乗者傷害保険・自損事故保険』などの特約が付帯されていれば自分自身の身体のケガを自動車保険を使って治療することができます。

自損事故で使える自動車保険の特約

人身傷害保険

  • 自分や搭乗者の死傷のリスクに備える保険
  • 過失割合に関係なく保険金が受け取れる
  • 一般的に受け取れる額には上限がある
  • 使った場合も翌年の保険料に影響はしない

搭乗者傷害保険

  • 人身傷害保険と同じく自分と搭乗者の死傷のリスクに備える保険
  • 入院・通院・部位別に保険金が支払われる
  • ケガの症状が確定し次第早期に保険金が支払われる
  • 人身傷害保険とは別に保険金が支払われる
  • 人身傷害保険同様翌年の等級に影響はない

自損事故保険

  • 自損事故の場合にのみ使用できる
  • 運転手自身を守るための最低補償の保険
  • 人身傷害保険から保険金が支払われない場合にのみ支払われる
  • 自損保険を使った場合翌年の等級は3等級ダウンする

自損事故の際の自動車保険 まとめ

・人身事故傷害保険は自分の過失に関係なく使える保険です。過失に関係ないと言うことは自分のミスで起こしてしまった自損事故でも補償を受けることが出来ると言うことです。

『搭乗者傷害保険』は人身傷害保険の上乗せ補償になるためこちらも過失の有無は関係なく保険金が支払われます。

『自損事故保険』は補償額は小さいですが任意保険に自動付帯されていることが多いため、もしも人身傷害保険に加入していない場合はご自身の自動車保険の加入状況を確認してみてください。また、人身傷害保険に加入している場合はそちらが適応されため、二重に保険金が支払われることはありません。

自損事故でも自動車保険を使って交通事故治療が受けられます!!

相手がいない交通事故でも自動車保険の加入状況によっては自動車保険を使った交通事故治療が受けられます。

ここで覚えておいていただきたいのが、頭のいい保険会社の担当者が言葉巧みに自動車保険を使わないように誘導してくることがあるという事実です。

『自損事故は相手がいないので自賠責保険が使用できないため「健康保険」を使って治療してください』

このように話してくる保険屋さんが実際にいます。これは要注意です。

万が一の時のために高い保険料を払って加入している保険が「使用できない」なんておかしな話ではありませんか?

このように言ってくる担当者は、ほとんどの場合理由を聞いても「決まりなので・みなさんそうしていただいているので」の一点張りで、どうして自動車保険を使った交通事故治療が受けられないのかは話してくれません。

上記でも書いてあるように『人身傷害保険・搭乗者傷害保険・自損事故保険』などがあなたの保険に付帯されている場合あなたはあなたが加入している自動車保険を使って交通事故治療を受けることができます。

保険会社は保険金の支払いを少しでも小さくしたい

保険会社の立場からすると少しでも保険金の支払額を小さくしたいというのが本音です。

しかし、自損事故の場合相手がいないので自賠責保険から保険会社への保険金の補填が行われません。

そのため自動車保険を使って欲しくない保険屋さんは「健康保険を使って治療してください。掛かった金額は全額お支払いします」という旨を伝えてくる場合があります。これはなぜかと言うと、同じ「掛かった金額を支払う」でも健康保険での治療費の方が自動車保険を使った場合の治療費よりも病院などに支払う金額が小さくて済むからです。

しかしそのような場合でもしっかり「自動車保険による治療を希望する」旨を伝えましょう。

それはなぜかと言うと・・・以下では健康保険を使った場合のデメリットについてご紹介します。

健康保険を使うことによるデメリット

  • 所定の手続きを行わなければならない
  • 通院の際窓口での支払いを求められる場合がある
  • 治療の範囲が小さくなる

所定の手続きを行わ なければならない

健康保険を使って交通事故治療を受ける場合、自分が加入している健康保険組合に交通事故証明書を提出したり病院の診断書を提出して健康保険を使って治療を受けることを了承してもらう必要があります。これらの手続きは保険屋さんが進めてくれることがほとんどですが手続きには時間がかかる場合があります。

通院の際窓口での支払いを求められる場合がある

多くの場合、患者様が窓口で支払いをしなくても済むように、保険会社から直接治療院に支払いをするように手続きをしてくれます。

しかし、健康保険を使った治療の場合、患者様に窓口での支払いを求められる場合があります。支払った金額は後日保険会社に申請し返金してもらうことが可能ですが、領収書などきちんと保管しておかなければならないなど少々わずらわしさがあります。

治療の範囲が狭くなる

一番のデメリットは健康保険を使った治療は、自動車保険を使った治療よりも治療の範囲が狭くなってしまう点です。

健康保険を使った治療は自由診療とは異なり治療内容に制限があり、より優良な治療は選択できません。

また、これは治療院の観点からですが、健康保険から支払われる金額と、交通事故の場合保険会社から支払われる金額とでは、健康保険からの支払いの方が少ないため、治療においてはその範囲を小さくせざるを得なくなります。

同じように通院し治療に励んでいるつもりでも、治療効果の小さい治療を受けていることになるので患者様にとっては大変不利益です。

『健康保険を使って治療してください』と言われ時の対策

  • はっきりと人身傷害保険を使いたいと主張する
  • 使えない理由を聞いてみる
  • 治療院に相談してみる

もちろん良心的な保険屋さんも多くいますが、無知に付け込んで人身傷害保険を使わないように誘導してくる保険屋さんもいます。

「おかしいな」と感じていても強気な態度で言われたら冷静に対応できる人はそう多くはないでしょう。

単独で起こしてしまった交通事故の場合でも、『人身傷害保険』を使っても翌年、等級が下がることはありませんし、それによって保険料が上がることもありません。

自動車保険を使えない理由を聞いても「みなさんそうですから」などと言ってはっきりとした理由を話してくれない場合、または、使えないように強めに圧力をかけてくる担当者の場合は、保険会社に連絡して担当者を変えてもらう事も可能ですので検討してみてください。

また、通院する病院や整骨院に相談してみると良いアドバイスをくれる場合もあります。

鍼灸整骨院かまたきでの対応

鍼灸整骨院かまたきは、自動車保険を取り扱っている有資格者から保険について指導を受けているため自動車保険の補償について詳しい知識があります。

また、自動車事故に強い弁護士とも連携しているので万が一の場合のサポートはばっちりです。

自動車保険について分からないことなどありましたら安心してご相談ください。

保険会社との交渉も行います

鍼灸整骨院かまたきでは、交通事故に遭った際、患者様が不利益になることがないように可能な範囲で患者様の意向を保険会社に対して交渉するサービスを行っております。自分では伝えられない事、分からないことなど遠慮せずご相談ください。

  • 痛いのにも関わらず治療範囲を狭められた
  • 保険の担当者が苦手で話しにくい
  • どのように交渉したらいいか知りたい
  • そもそも自動車保険のことが分からない

他にも保険のことで困ったこと知りたいことがありましたらご気軽に相談ください。可能な限り対応させていただきます。