千葉市若葉区中央区の交通事故のむちうちで評判のいい鍼灸整骨院かまたき

自転車事故を警察に報告しないリスクと対策

近年、自転車に乗る場合でも自転車保険への加入を義務付ける自治体も増えてきました。自転車事故は、交通事故と同じ扱いになるので自転車事故に遭遇した場合は必ず警察に報告しましょう。

被害者、加害者共に警察が発行する交通事故証明書があることでケガを負って治療を受ける場合に保険を使った対応が可能になります。

警察へ報告するのは誰?

交通事故の際は、加害者・被害者両方に警察への報告義務があります。

加害者にはさらに救護義務もあります。

また、歩行者には報告義務はありませんが、報告しないでいるとその後賠償請求の際、不利になることが考えられるため、歩行者も進んで警察へ報告しましょう。

自転車事故で警察に報告しなかったらどうなる?

どんなに小さな事故でも、事故に遭ったら警察へ報告するのが義務です。

通報を怠った場合、自分にとって不利になる可能性があるので気を付けましょう。

もしも、加害者がその場で示談を申し込んできた場合、安易に応じてしまうと後々トラブルに発展する可能性も考えられるので注意が必要です。

実況見分調書が作成されない

人身事故の際、事故の状況をまとめたものです。警察に報告しないとこの書類は作成されません。

交通事故の報告をもらった警察官が現場確認をし、被害者・加害者両方に事情聴取したうえで書類を作成します。

この書類が無いと、保険金の算定で揉めたり、適切な保険金が受け取れない可能性があります。

交通事故証明書が発行されない

交通事故が起きたことを証明する書類です。事故を警察に報告しないと発行されません。

この書類は、交通事故の保険金を受け取るために必要な書類です。

刑事罰を受ける可能性もある

交通事故が起こったことを警察に報告しないと報告義務違反として3か月以下の懲役または、5万円以下の罰金が科される恐れがあります。

その場で示談することによるリスク

加害者に「警察へ連絡しないでほしい」とお願いされることは少なくないようです。

加害者が警察に連絡して欲しくない理由はいくつか考えられます。

  • 逮捕されたくない
  • 急いでいる
  • 仕事先に知られたくない

加害者はこの他、様々な理由から事故が軽度の場合、警察へは報告せず、示談で解決しようと提案してくることがあります。

しかし、その場で示談解決してしまった場合、示談をやり直すことは原則できません。

その後に、車体の破損が見つかったり、思っていたよりケガの状態が悪かった場合、治療費を支払ってもらうこともできませんし、損害賠償を請求することもできません。

きちんと警察に報告し、保険会社にも連絡することをお勧めします。

示談することによるリスク

  • 示談のやり直しができない
  • 約束を守られないことが考えられる
  • 相手の連絡先が分からない
  • 損害賠償請求ができない

警察への報告は後日でも可能

事故の時は色々動転していて警察へ報告するのを忘れてしまった場合、後日でも警察署や交番へ行って届け出を出すことができます。

なるべく早いうちに届け出るようにしましょう。

自転車事故で『被害者』になったら

事故の際、どちらが悪かったの割合を決めるのは保険会社の仕事です。警察が決める事ではありません。これを過失割合と言います。

過失割合に応じてどちらの保険会社がどのくらいの割合で、通院にかかるお金や賠償金を負担するかを決めます。

基本的に被害者は、加害者の加入している任意保険を使って通院します。

難しいことはありません。保険会社に「○○病院へ行きます」と伝えるだけでOKです。保険会社に連絡しておくことで病院でのお会計時にお金を支払う必要がなくなります。

万が一、相手が保険に加入していなかった場合、加害者に直接請求しましょう。

自転車事故で『加害者』になったら

まずは、警察と保険会社へ連絡します。

保険会社に相手の連絡先を聞いて、可能であれば被害者への謝罪やお見舞に行くと印象が良いようです。保険会社の担当者へ相談してみましょう。

自転車保険について

日常的に自転車に乗っているのに、自転車保険に特に加入していない方は以下の記事を参考にしてみてください。

自転車保険とは?自分に合った自転車保険を選ぶ際のポイント!

相手への補償は自動車保険に付帯されている『個人賠償責任保険』でも可能ですが、自分自身の身体の補償がないので、自転車に乗る機会が多い方は検討してみてください。

まとめ

どんなに軽度な自転車事故であっても事故発生したことを警察へ報告することは義務です。

事故直後は緊張と動揺から身体の痛みを感じないことも多く後からケガに気づくことは珍しくありません。

相手からその場で示談交渉を持ちかけられても、安易に受けてしまっては、後々トラブルの元になるのでやめましょう。

鍼灸整骨院かまたきでは、自転車による交通事故に関しての治療を行うことが可能です。「痛いけど、整形外科に行くほど大げさではないしな~」と思っている方も当院では予約優先でやっていますので、待ち時間なくパッと来てすぐに治療が受けられます。