『電話をしてからお越し下さい』  『当日予約OK』  『むちうち治療は平日22時まで診察』

交通事故を起こした加害者でも施術を受けられる!?

交通事故の加害者がケガをした場合、「保険金が下りない。治療費は実費だ。」と思っているかもしれませんが、大丈夫です。
加害者のケガに対しても、補償を受けることができます。

自賠責保険の補償

過失割合が10:0の場合は補償を利用することができません。
しかし相手側に1割でも過失があれば、自賠責保険を使って交通事故の施術が可能です。

自賠責保険を使った交通事故の施術は、窓口の負担金は0円になります。
ただし、加害者に過失が7割以上ある場合は、補償金額は減額されますのでご注意下さい。

任意保険の補償

人身傷害保険に加入していれば加害者になった場合も補償を受けられます。
人身傷害保険とは、加入者やその家族が自動車事故で死傷した場合に適応され、事故の過失割合に関わらず補償されます。

たとえば、Aさんが車との衝突事故を起こし過失割合は、Aさんが7割、Bさんが3割だとします。
人身傷害保険は過失の割合に関わらないので、ケガの治療費・休業損害・精神的損害の補償を受けることができます。
補償内容は契約によって異なるので、一度保険会社に問い合わせて下さい。

まとめ

交通事故を起こした加害者でも自賠責保険や人身傷害保険の適応を受けれる可能性があります。
保険の契約内容によって補償内容が変わるので、保険会社の担当者に聞いてみて下さい。

また交通事故を起こした加害者の方は、ケガをしても交通事故を起こした罪悪感からご自身の身体の事は2の次になり施術を受けない方が多いようです。

しかし、交通事故の加害者であってもケガをしていれば自賠責保険や人身傷害保険の適応を受けれる可能性もあるので、施術を受けてケガを治しましょう。

交通事故の加害者の助手席や後部座席に同乗していた方も自賠責保険や人身傷害保険の適応され施術する事ができます。もちろん小さいお子様でも同様です。