千葉市若葉区中央区の交通事故のむちうちで評判のいい鍼灸整骨院かまたき
『電話をしてからお越し下さい』  『当日予約OK』  『むちうち治療は平日22時まで診察』

交通事故を起こした加害者でも施術を受けられる!?

交通事故の加害者がケガをした場合、「保険金が下りない」や、「治療費は実費だ。」と思っているかもしれませんが、大丈夫です。
加害者のケガに対しても、補償を受けることができます。

加害者になってしまっても受けられる補償

交通事故を起こしてしまった場合、補償として加入している自動車保険があることは知っていても、加害者になってしまった場合、自分の補償を受けられるのかどうか知らない人は多いのではないでしょうか。

ここでは、交通事故を起こして加害者になってしまった場合の補償について解説していきます。

自賠責保険の補償

自動車が公道を走る際、加入が義務付けられているいわゆる強制保険です。

交通事故の際、過失割合が10:0の場合は補償を利用することができません。

しかし相手側に1割でも過失があれば、自賠責保険を使うことが可能です。

自賠責保険は交通事故の際、他人を死傷させてしまった場合にその損害額を補償します。そのため、相手にわずかでも過失があった場合は、相手の自賠責保険から補償を受けることができます。

自賠責保険は他人に対する補償のみなので、自分に対する補償や、物に対する補償がないことを覚えておきましょう。

ただし、過失の多さによって補償額が変わってきます。

加害者に過失が7割以上ある場合は、補償金額は減額されますのでご注意下さい。

自賠責保険を使った交通事故治療では、窓口での負担金0円で施術を受ける事が可能となります。

任意保険の補償

自動車保険では、強制保険である自賠責保険のほか、任意で加入する任意保険があります。

任意保険の「人身傷害保険特約」に加入していれば加害者になった場合でも補償を受けることができます。

人身傷害保険特約とは、加入者やその家族が自動車事故で死傷した場合に適応され、事故の過失割合に関わらず保険金を受け取ることが出来ます。

たとえば、AさんとBさんが衝突事故を起こし、Aさんが7割、Bさんが3割の過失割合になったとます。

一般的な交通事故であれば、この過失割合によって保険金が左右されますが、人身傷害保険ではその影響を受けません。人身傷害保険は過失割合に関係なく、ケガの治療費・休業損害・精神的損害の補償をまるまる受けることができます。
しかも、人身傷害保険のみを使う場合、翌年の等級に影響はなく、保険料が上がる心配がないのもメリットです。

補償内容は契約によって異なるので、一度保険会社に問い合わせてみて下さい。

まとめ

交通事故を起こした加害者でも自賠責保険や人身傷害保険の適応を受けられる可能性があります。
保険の契約内容によって補償内容が変わるので、一度自分の補償を見直してみてください。

また、交通事故を起こした加害者の方は、ケガをしても交通事故を起こした罪悪感からご自身の身体の施術を受けない方が多いようです。

しかし、交通事故の加害者であってもケガをしていれば自賠責保険や人身傷害保険の適応を受けられる可能性もあるので、後遺症を残さないためにもきちんと治療を受けましょう。

加害者の車に乗っていた方も同様に、自賠責保険や人身傷害保険の補償が適応され施術する事ができます。もちろん小さいお子様でも同様です。