千葉市若葉区中央区の交通事故のむちうちで評判のいい鍼灸整骨院かまたき
『電話をしてからお越し下さい』  『当日予約OK』  『むちうち治療は平日22時まで診察』

交通事故の過失割合

過失割合は、「交通事故発生の原因がどちらにあったか?」を数字で割り出すものです。

停まっている車にぶつかったら、明らかにぶつかった方が悪いので10:0になります。

交差点や曲がり角、駐車場から道路に出る時など、車同士が動いている場合の過失割合の時、もめる事があります。

少しでも納得のいく補償が受けられるように、過失割合について解説していきます。

交通事故の過失割合は誰が決めるの?

警察が実況見分や事故証明書を発行するので過失割合を出していると想いがちですが、警察が作成した調書と過去の判例を元に保険会社が過失割合を決めています

交通事故の過失割合の役目

交通事故で破損した車の修理代やケガをした人の治療費を誰がどれぐらい負担するのかを決める時に使われます。

例えば、車の修理代や治療費で100万円かかった場合

過失割合が、Aさん10:Bさん0だと、Aさんが全額負担しBさんは全額加害者の方に支払いをしてもらえます。

これが、Aさん7:Bさん3だと、Aさん70万円の負担でBさん30万円の負担ということになります。

ぶつけられたのにこっちも支払いをしないといけないの?

なんて思う方がいらっしゃると思います。

相手がぶつかってきたとしてもこちらも車が動いていれば過失を問われるのが日本の法律です。

ただし状況を精査して明らかに過失がないと分かれば車が動いていても10:0になるケースもあります。

交通事故の過失割合の決め方

交通事故の過失割合を決める基準は、

〇民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準

〇交通事故損害額算定基準(青い本)

〇損害賠償額算定基準(赤い本)

これらの文献に書かれている過失割合を参考にして、事故ごとの過失割合を決めます。

青い本は全国が対象で、赤い本は主に首都圏が対象になっています。

上記の本には、事故発生状況別に過去の裁判例などから詳細に過失割合の決め方が記載されています。

例えば、「15キロ以上の速度違反」をした場合は過失が5%~20%高くなる。

また、「著しいハンドルまたはブレーキの操作ミス」「中央によらないで行う右折」など、細かく過失の増減方法の基準が書かれています。

同乗者には過失は発生しない

交通事故の際、助手席や後部座席に乗車していた人(同乗者)は過失は発生しません。

たとえ過失100%の車であっても、同乗者には過失は発生しません。

どんな状況であっても同乗者は例外なく過失はゼロです。

過失割合を有利にするためのドライブレコーダー

交通事故にあったAさんとBさんの証言と目撃者や事故現場の状況を元に保険会社が過失割合を決めます。

事故当時の事を正確に伝えられればいいのですが、事故の衝撃で記憶が曖昧になって肝心なところを伝えれなかったり、自分が有利になるように「ウソの証言」をする方もいるようなので、事故当時の状況を正確に記録できるドライブレコーダーが有効です。

映像を第三者に見せることが出来れば理不尽な過失割合になる事もないでしょう。

万が一に備えてドライブレコーダーを車に搭載していると心強いです。

接触していないなら交通事故扱いにならないでしょ?

たとえ接触していなくても、被害者が危険を避けるために転倒などでケガをしたなら、加害者に対して損害賠償請求ができる場合が多いです。

しかし加害者の立場からすると「相手が勝手に転んだだけ。言いがかりだ。」というような状況もあります。

確かに被害者の過剰な反応が原因で事故になたっというケースも存在しており、 損害賠償を請求できないケースもあります。

しかし、被害者の過剰反応も事故の一因と認められれば、1割~2割の過失が認められます。

交通事故の過失割合に納得がいかないとき

「自分は普通に運転していただけなのになぜ過失を問われるの?」

交通事故では必ずしも納得のいく裁定が下るわけではない為、しっかりと知識を付けることが大事です。

相手方の主張に納得ができない場合には、反論し相手方を説得出来れば過失割合が修正されます。

もちろん、双方の言い分が食い違う場合は警察が作成する実況見分調書が重要な証拠になります。

また、ドライブレコーダーも重要な記録になるので自分の主張を裏付ける証拠になります。

もし過失割合に納得がいかなかったときは、当院にご相談下さい。

交通事故に強い弁護士を紹介させて頂きます。

交通事故初期から治療の専門家と法律の専門家にアドバイスを受けることで示談交渉でもめることも少なくなります。

車両が動いている過失割合

自分の車両が動いて交通事故が起きた時は過失が発生すると思っている人が多いですが、全てのケースで当てはまるわけではありません。

車両が動いている交通事故で過失がゼロになるケースを解説します。

車両が動いていても交通事故の過失がゼロになる事例

車両が動いていても

〇交通違反をしていない

〇交通事故を予見できない状況

〇交通事故を回避できない状況

3つを満たしたときに、過失がゼロになる可能性があります。

ケース1

車で道路を走行中に対向車がぶつかってくる。

この場合

交通違反もない。

対向車がぶつかってくると予想をするのは難しい。

突然の事なので回避も難しい。

適切な運転をしているのに相手の交通違反が原因で起きた事故の過失はすべて相手にあります。

ケース2

駐車場から出るときに隣の停車してある車のドアが急に開いてぶつかる。

この場合

交通違反もない。

急にドアが開くことを予想をするのは難しい。

突然の事なので回避も難しい。

基本的にドアを開ける時は「後方確認」をする必要があり、この場合は後方確認を怠ったと認識され過失はすべて相手にあります。

子供の飛び出し事故の過失割合

こどもの交通事故のなかで、自宅から半径1キロ圏内での事故が80%以上を占めています。

子供の事故原因

  1. 子供の「飛び出し」 37%
  2. 子供の「横断違反」 16%
  3. 運転手の「前方不注意」「信号無視」 39%

スクールゾーン、公園の近くをスピードを出して運転するドライバーがいる為にこのような事故が後を絶ちません。

子供の飛び出し事故」の場合には、子供にも過失が認められるのか、過失割合はどうなうのか?

解説していきましょう。

「幼児」と「児童」の過失割合

子供といっても幼児と児童では過失が変わるので注意が必要です。

幼児は「6歳未満のこども」、児童は「6歳以上13歳未満のこども」となっています。

交通事故では大人に比べて、幼児の方がマイナス10〜20%過失割合が低くなり、児童はマイナス5〜10%過失割合が低くなります。

こどもの過失割合は「事理弁識能力」の有無がポイント

そもそも、子どもの飛び出し交通事故の場合、子供に過失を問うことができるのか?

子どもの過失相殺は、最高裁判所が「未成年者の過失については、その未成年者に事理を弁識する知能(事理弁識能力)があれば足りる」と判断ています。

これは子供が物事の善し悪しを判断できるかということで、5~6歳で備わるというのが裁判所の判断です

ただし、年齢で必ず決まるわけではなく、子どもに事理弁識能力が備わっているのなら年齢は関係なく、過失相殺の割合はどの程度かが検討されます。

横断歩道や信号機の有無で過失割合が違ってくる

信号機のある横断歩道での交通事故

青信号を渡っている歩行者は大人と子供の差はなく、過失は一切発生しません。

しかし黄色信号の場合、歩行者は「渡らない・速やかに渡る・引き返す」で基本的には「止まれ」なので、幼児で最大20%、児童で最大30%の過失が発生する可能性があります。

歩行者が赤信号を渡って交通事故が起きた時は、歩行者の過失が大きくなります。

なぜなら、ドライバーは赤信号を渡る交通違反をしてきた人を予見する義務がないからです。

そのため、幼児の過失が50%、児童の過失が60%になり、子供であっても非常に大きい過失になります。

信号機のない横断歩道での交通事故

信号機のない横断歩道では、基本的に歩行者に過失は発生しません。

これは、ドライバーが「横断歩道の手前で停止できる速度で走行する義務」があり、横断しようとしている人がいれば必ず停止しなくてはいけません。

例え子供が急に飛び出したから過失が発生するといっても子供の場合は10~20%過失割合が減るため、結果的に過失がゼロになります。

横断歩道のない道路での交通事故

ドライバーは横断歩道のない道路でも歩行者を優先させる義務があります。

ただし、横断歩道がない道路への飛び出しは子供であっても過失が発生し、0〜25%の過失割合になることが多いです。

交通事故の補償の最新記事8件