千葉市若葉区中央区の交通事故のむちうちで評判のいい鍼灸整骨院かまたき
『電話をしてからお越し下さい』  『当日予約OK』  『むちうち治療は平日22時まで診察』

交通事故 良い弁護士の選び方

交通事故 良い弁護士の選び方

交通事故に遭えば相手と治療費や慰謝料などについて話し合って決める必要があるため、弁護士に依頼しようと考える方も多いでしょう。

しかし、弁護士に依頼したからといって必ずしも良い弁護士にあたるとは限りません。

交通事故で弁護士に依頼したことで後悔した事例や、良い弁護士の選び方など解説していきます。。

交通事故で弁護士に依頼して後悔した事例

交通事故などのトラブルが生じた場合、自分自身でも解決できるものの法律の知識のある弁護士に任せた方がスムーズかつ自分の有利な条件でトラブルを解決できると考えている方は多いでしょう。

しかし、弁護士に依頼して後悔してしまうようなケースもあります。

示談内容への後悔

・相場と聞いていた金額よりも示談金が低くなった

・相手に支払ってもらう治療費を増額できなかった

弁護士に依頼したものの、自分が予想していた示談内容とは程遠い内容になってしまうようなこともあり、弁護士に依頼して後悔するケースもあるようです。

弁護士費用における後悔

・相手から示談金10万円の提示があったので弁護士に依頼したところ、20万円に増やすことができた。しかし、弁護士費用が12万円かかり、手元には8万円しか残らなかった

弁護士に依頼をすれば、弁護士費用が発生します。
弁護士費用が発生しても、自分で交渉するよりも高額な示談金になることが期待され、弁護士費用を払ってもプラスになると考える方は多いです。

弁護士の対応の悪さによる後悔

・弁護士に依頼したものの毎回連絡が遅い

・文書や今後の進め方について説明を求めても、しどろもどろで良く分からない

・弁護士が勝手に進めてしまい、自分が思った方向とは違う結末になってしまった

・担当してもらった弁護士との相性が悪かった

このように、弁護士との折り合いが悪いケースや、意思疎通がうまく取れずにズレが生じてしまうようなケースなどもあります。

交通事故を弁護士に依頼して後悔しないための対策

任意保険の弁護士費用特約を使う

自動車保険の任意保険に「弁護士費用特約」というものがあるのはご存じですか?

弁護士費用特約は任意保険にオプションで付帯できる特約です。

交通事故に遭った際の相手への賠償請求を本人に代わって行ってくれます。相手と揉めてしまった場合の相談や、訴訟、示談交渉などでも弁護士費用特約を使うことが出来ます。

この特約を使うことで、1回の事故につき、300万円までの弁護士費用を補償してくれる保険会社が多いようです。

交通事故に強い弁護士に依頼する

依頼する弁護士を探す場合には、「交通事故に強い弁護士を探す」ことです。

弁護士と一言でいっても得意な分野はそれぞれ異なります。

交通事故に精通している弁護士であれば知識だけではなく経験も豊富なので、示談内容で後悔するリスクを避けられるはずです。

事前に見積もりを出してもらう

弁護士費用特約に加入していない場合は、弁護士費用でマイナスになってしまうことを避けるために、事前に見積もりを出してもらうことです。

良心的な弁護士であれば、この時点で弁護士に依頼することでマイナスになることが分かれば「依頼はおすすめしない」というアドバイスをくれるでしょう。

また、複数の弁護士に見積もりを出してもらい比較してみるのも良いでしょう。

手続きや方針についてしっかり弁護士と話し合う

事前に手続きや方針、考え方、進め方についてしっかりと話し合っておくことが大切です。

手続きによっては時間がかかるケースもあるため、弁護士からの連絡がなくて依頼人が不安になってしまうようなこともあります。

どのような流れで手続きが進み、どういったタイミングで連絡がもらえるのか事前に確認しておくと安心です。

相性が合わないと感じたら解任することも出来る

弁護士との相性が合わなくストレスになるような場合、弁護士を変更することも出来ます。

その際には、また新たな弁護士を探し、着手金を支払う必要があります。

相性のいい弁護士を選ぶためには、依頼前に1度無料相談をしてみることをお勧めします。多くの弁護士事務所で無料相談や初回無料を行っているので活用してみてください。

なるべく早い段階で相談する

交通事故では事故の記録を警察に取ってもらい、その後すぐに病院で検査を受けてケガの証拠を確保することが大切です。

病院できちんと検査を受けていなければケガと交通事故の因果関係が認められず、治療費や慰謝料を支払ってもらえない可能性もあります。

交通事故によるケガは整骨院への通院も可能ですが、整骨院に通院する場合には保険会社の許可を得なかった場合など、トラブルに発展するようなケースもあるので「保険会社が納得する整骨院のかかり方」を確認しておきましょう。

示談交渉で揉めないためにも、弁護士に依頼する場合には、事故からなるべく早い段階で相談し、治療方針や手続きについて進めていきましょう。

まとめ

交通事故の際、弁護士を使う場合には交通事故に強い弁護士を探し、事故発生からなるべく早い段階から相談することをお勧めします。

弁護士費用については、任意保険に付帯される弁護士費用特約を使うことで保険会社が弁護士費用を補償してくれます。弁護士費用特約のみを使う場合、翌年の等級に影響しないのもメリットです。

整骨院では交通事故のケガに対する施術も行っており、整骨院の施術費用も交通事故治療として相手に請求することができます。

鍼灸整骨院かまたきは、、交通事故に強い弁護士と提携しており、弁護士をお探しの方にご紹介することが出来ます。弁護士を使うかどうか悩んでいる場合にも1度ご相談ください。できる限りの知識と経験でアドバスさせていただきます。