千葉市若葉区中央区の交通事故のむちうちで評判のいい鍼灸整骨院かまたき

なかなか治らないむち打ちには『はり治療』が効果的

交通事故による【むち打ち】に、はり治療が効果的ということはWHO(世界保健機構)でも認められています。

※WHO(世界保健機構)とは?※
『人間の健康』を基本的人権の一つと捉え、その達成を目的として設立された国際連合の専門機関である。

WHO(世界保健機構)では現在、鍼の適応症として41の疾患が定められています。

『むち打ち』に対するはり治療はWHOが国際的に認めた41の疾患のうちのひとつであり、世界中で行われている治療法です。

ここでは、むちうちに対するはり治療について詳しく解説していきます。

整形外科でむち打ちの痛みを軽視される理由

整形外科ではむちうちの診断において、レントゲン撮影をするのが一般的ですが、むち打ちは自覚症状があってもレントゲンでは医学的に証明できるような明確な所見が特に見つからないことが多いです。

整形外科は一般的に骨や関節に関する診断を行うことを得意としているため、画像診断では骨や関節に明確な所見が見当たらない筋肉に関する症状に対しては軽視されがちのようです。

そのため、積極的な治療は行われず「様子をみましょう」と言われ、痛み止めや湿布のみの処方になることも少なくありません。

むち打ちにはなぜ『はり治療』が効果的なのか?

医学的に骨や関節には明確な所見が見当たらないむち打ちに対して、はり治療はその効果がかなり高いと言えます。

理由は大きく分けて2つあります。

  • 血液の流れを改善させる
  • はりの刺激による鎮痛効果

以下で詳しく説明していきましょう。

※『むち打ち』とは?※
交通事故による強い衝撃で首や首周辺の筋肉や靭帯が損傷し痛みや違和感などの不調が表れる症状です。むちうちの症状は首周辺だけでなく手や足など全身に及ぶこともあります。
筋肉の緊張(ハリやコリ)が強く血行不良を起こしているため症状が改善しにくい傾向にあります。

血液の流れを改善させる

大抵の場合、痛みが発生しているところは筋肉が凝り固まって血行不良を起こしています。

痛みが発生する原因は、血液の流れが悪いところに疲労物質が溜まることで筋肉に負担をかけ、その筋肉が炎症することによって起こります。

この凝り固まった筋肉にはり治療を行います。はりは、指圧では届かないより深部まで刺激することが出来るので、筋肉をより奥の方からほぐし血液の流れを改善させます。

はりによる鎮痛効果

痛みのメカニズムは、損傷した場所の細胞が脳に「ケガをした」という信号を送り、脳が『痛み』の信号を発生させます。

はりで特定のツボを持続的に刺激することで、痛みを和らげる化学物質(モルヒネ様鎮痛物質)が体内に分泌され、脳へ痛みを伝達する信号を遮ると考えられています。

ただし、麻酔や薬などと違い完全に痛みを取り除けるわけではなく、『痛みが感じにくくなる』『痛みを和らげる』作用に留まります。

はりによる鎮痛効果はまだまだ解明されていませんが、薬が飲めない、または「痛いくらいであまり服用したくない」と考えている人には効果的と考えられます。

はりの効果

はりによる治療効果として以下のような項目があげられます。

  • 疼痛の緩和
  • 血液・リンパの循環の改善
  • 関節可動域の維持・増大
  • 心肺機能の改善
  • 内臓諸機官の機能改善
  • 残存機能の改善
  • 心理的効果

はり治療は様々なメリットがありますが、以下ではより簡単な表現ではり治療における効果を紹介します。

血流の改善

むちうち症の痛みの原因は、凝り固まった筋肉による血行不良です。この凝り固まった筋肉にはり治療を行うことではりの刺激に反応し周囲の血流が増えます。その結果、滞っていたものが流れやすくなり、血流が改善します。

筋肉や関節の可動域の改善

痛みや運動不足によって筋肉を使わずにいると、筋肉を包んでいる膜『筋膜』が筋肉に癒着してしまい動きが悪くなり、さらには可動域が狭くなります。

はりの刺激により、癒着し固まってしまった組織を剥がすことで、筋肉や関節の動きが良くなり可動域を改善させます。

鎮痛効果

特定のツボを用い持続的に刺激することで、痛みを和らげる化学物質(モルヒネ様鎮痛物質)が体内に分泌され、痛みの信号を遮ってくれます。

自然治癒力を最大限に引き出す

はりによって傷を作ることで、人間の身体に本来備わっている自然治癒力の効果を発揮させます。(創傷治癒力)

※創傷治癒とは?
人間の身体は細胞が傷ついた際、その傷を治そうと働く機能が備わっています。この機能をはりによって最大限に利用します。はりによって身体に“わざと”小さな傷を作り細胞の働きを活発にすることで痛みやコリなどの症状の軽減を図ります。

自律神経のバランス調整

痛みがあることにより行動が制限され、痛いためにやりたいことを我慢し続けているとストレスが溜まり自律神経のバランスが崩れやすくなります。

はり治療では、はり独特の鎮痛作用を利用し、痛みを和らげることで自律神経系のバランスを整えます。自律神経の機能がしっかり働いていると『人間が本来持っている自然治癒力』も高まります。

全身を一気にケア

はりは、症状が出現している局所に打つだけではありません。

出現している症状や期間、重症度などを考慮し、手や足、お腹や背中にも打ちます。

普段の生活や食事、姿勢の癖などを参考に、ツボを選び全身をトータル的にケアすることができます。全身を一気にケアすることで、頭痛、耳鳴り、めまいその他、様々な症状の改善を目指します。

はり治療は痛い?

はり治療は「痛い」「怖い」というイメージを持っている方は多く、積極的に治療に「取り入れたい」と考えている方は多くはない印象です。

痛みを感じる理由

皮膚の表面には痛みを感じる『痛点』というものが約200万個あると言われています。はりが刺さると痛みを感じるのは、この痛点に当たるためです。

鍼灸の鍼は注射針の3分の1の太さ

注射器の針の太さが、0.7~0.9mmに対して一般的な鍼灸院で使用する鍼の太さは0.18mm~0.3mmと注射器の約3分の1の細さで、皮膚や筋細胞の間を避けながら刺さっていくように先端が丸くなっているのが特徴です。そのため痛点に当たるリスクは低く痛みを感じることはほとんどありません。

鍼が刺さる痛みとは違う痛み

はり治療において、鍼が皮膚に刺さる痛みではない“ズーーーン”と重だるいような何とも言えない痛みを感じることがあります。

これは硬くなっている筋肉に鍼が刺さり鍼から筋肉を守ろうとする防御反応です。鍼灸では『響き』と呼びます。響きを感じたらそれは『ちゃんと良いところに鍼が刺さっている』と言う証拠です。

「痛い」と「響き」は違う

響きを感じるのは鍼が問題がある部位にきちんと刺さっている証拠とお話しましたが、痛いのに響きと思い我慢してはいけません。

痛みは不快です。それに対し響きは心地よいと感じます。自分の感覚で不快か心地よいか、どう感じるかが大切です。

  • ズーンと重だるく気持ちがいい
  • じゅわーっと温かく感じる
  • じわじわ広がる感じがする

響きの場合このように「気持ちがいい」と感じる方が多いようです。しかしなかには「どうしても鍼の響きが苦手」と言う方もいるのでそのような方は無理はしないでください。

はりの安全性と副作用

はりの安全性

はり治療を行う際、施術者はしっかり手指の消毒を行い、鍼を刺す患者の患部もアルコールで消毒をしてから行います。使用する鍼は滅菌した使い捨ての鍼を使用するので、世界的にみても合併症はほとんど報告されていません。

はり施術の副作用

はり治療ではまれに、内出血したり患部が腫れるなどの副作用が起こることがあります。

また、痛み、動悸、だるさ、、めまい、しびれ、発熱などの症状があらわれることがあります。ほとんどの症状は一時的なものであり、鍼による刺激に過敏に反応したことが原因とされています。

好転反応

またはり治療を行った直後~翌日までの間に、身体がだるい、重たい、眠気が強いなどの倦怠感を感じることがあります。

これは『好転反応』と言い身体が良くなる段階で起こる反応です。滞っていた血液が流れだし、自律神経が働き出し、身体の中の修復が行われ始めたことによって起こる症状であり、はり治療が身体に良く効いている証拠でもあります。

好転反応はだいたい2~3日程度でおさまります。

当院で「はり治療」を行う際の注意点

  • 急性期(事故から1ヶ月以内)はおすすめしません。
  • 回復が鈍い方には1~3か月程度経過した後、はり治療を検討していただいております
  • 好転反応が起こることがあることをご理解ください。
  • 極度の疲労感がある場合は、はり治療の効果が期待できないため控えさせていただきます。
  • 施術前の食事は1時間前までに済ませ、飲酒はお控えください。
  • 施術後の運動や入浴は特に普段通りで差し支えありませんが、倦怠感など感じる場合は横になって休んで様子を見るようにしてください。

はり治療は任意です

そもそもはりが嫌いな方やはりに対して恐怖心が強い方は、逆効果になることもあるためおすすめしません。治療の際は前もって意思の確認をしますのでゆっくりご検討ください。

また、興味はあるけれど色々不安と感じる方は遠慮せずになんでもご質問ください。

まとめ

むちうちの治療を受けていてもなかなか症状が改善しない場合、はり治療をおすすめします。

はり治療は手技よりも、より深部の筋肉にアプローチできるため手技では回復が乏しい場合に効果的です。