MENU

むち打ちとヘルニアの関係

交通事故でケガをしたら、病院でレントゲン写真やMRIで検査をします。

このとき、ヘルニアが発見されることがあります。

 

ヘルニアとは、背骨と背骨の間の椎間板がもとあった場所から飛び出てしまった状態です。

飛び出たものが神経に圧迫を加えることで起こる痛みやしびれなどの症状が起こると言われています。

 

むち打ちで起こった?ヘルニアについて解説していきます。

 

 

交通事故によってヘルニアが起こるの?

交通事故の衝撃で首の部分に圧力が加わることで、椎間板が飛び出すヘルニアが起こります。

また腰の場合も同様に腰の部分に圧力が加わることで、椎間板が飛び出してヘルニアが起きます。

 

もちろん交通事故を起こしたら必ずなるわけではありません。

ぶつかる衝撃や体勢によってヘルニアが出る場合があります。 

  

 

ヘルニアがあるのに補償してくれないの?

交通事故でケガをして検査をするとヘルニアがみつかることがあります。

このヘルニアが事故が原因でなったのかを証明することは困難です。

 

なぜなら成人を無作為に検査すると7割の方にヘルニアが発見されるというデーターがあります。

 

このことを理由に保険会社はヘルニアは元々あって事故との関係はないと主張をし補償をしないことがあります。

 

こおならないように病院の先生には事故が原因でヘルニアが出て痛みやしびれが起こっていると一筆書いてもらいましょう。

 

 

交通事故とヘルニア発症の因果関係

検査で判明したヘルニアは交通事故が原因であると認められるケースとそうでないケースがあります。

それぞれのパターンを解説します。

 

 

交通事故が原因のヘルニアと判断されるとき

判断基準の一つに、「大きく飛び出したヘルニア」があります。

交通事故の強い衝撃を受けて「大きく飛び出したヘルニア」であるときに因果関係が認められやすいです。

 

また、専門医がMRI画像で「ヘルニアの色」を見て判断することがあります。

医師が「交通事故で発症したヘルニアだ」と診断をすれば強い根拠となる可能性が高いです。

 

 

交通事故以前のヘルニアだと診断された場合

もし、検査で見つかったヘルニアが事故以前にあったと診断された場合、被害者は一概に不利になるわけではありません。

 

交通事故のあと痛みが強くなった場合は「元々あったヘルニアが交通事故によってさらに悪化した」と主張することができるからです。

 

この時に検査したヘルニア画像が大きく飛び出していれば、事故が原因でひどくなったという主張が受け入れられやすくなります。

 

 

  

ヘルニアが後遺障害として認定される?

交通事故でケガをした場合、治療をして身体の回復させていくのですが、症状が残ってしまう事があります。

 

特に、しびれやヘルニアなどは残りやすく後遺障害として認定される可能性があります。

 

後遺障害の認定を受けやすくするためには、継続的な通院記録と医師の診断が必要になります。

万が一にも備えて継続的な治療をしっかりと受けて下さい

 

 

交通事故で起きたヘルニアに悩まされている方へ

「ヘルニアになった。」

「ヘルニアだから良くならない。」

「ヘルニアは治らない。」

 

世間ではこのような認識ですが、ヘルニアは治らないのでしょうか?

 

結論から言うとヘルニア事態を治すのは難しいです。

しかし、ヘルニアがあっても痛みが改善している人はいます。


この事を踏まえると、ヘルニアが原因で痛みが出ているのでしょうか?

 

30代以上の方を無作為に検査するとヘルニアが発見される確率は7割というデーターがあります。

 

この方たちは全員が身体に痛みを訴えている人達ではありません。

 

では、ヘルニアがあるのになぜ痛みが出ていないのでしょうか?

 

答えは、ヘルニアが必ず痛みの要因になっているとは限らないからです。

 

実際にヘルニアで痛みが出ているという事で当院に来た方を治療すると8割の方がヘルニアがあるのに痛みの改善が出来ています。

 

ヘルニアで出ている痛みは不治の病ではありません。

一人で悩まずに当院にご相談下さい。

 


交通事故被害者窓口

 line.png 

24時間いつでも相談無料     院長が直接対応します。                          

①お名前

②事故が起きた日

③お身体の状態 

以上の内容をメッセージでお送り下さい。                

お役立ち記事

交通事故症例

交通事故で知るべきポイント

むちうち症状の悩み解決

自賠責保険・任意保険

後遺障害認定の受け方

過失割合について

営業時間、平日 8:30-12:00 15:00-22:00
土曜 8:30-17:00(受付は診療終了時間30分前まで) 
休診日 木曜午後・日曜祝日 

こんにちは(ご挨拶) 

あなたの首・肩・背中のコリや痛みを外傷施術のスペシャリストが改善いたします!
首や肩の動きが制限されて辛い・・・そうお思いのあなた!
むち打ち症の対処の仕方や自宅で行う体操法などわたしが丁寧にお話しします。
 

交通事故むちうち専門ラボ
(鍼灸整骨院かまたき) 代表
鎌滝 徳孝 (柔道整復師)

アクセス

〒264-0035
千葉県千葉市若葉区東寺山町572-21

JR線千葉駅車5分 駐車場あります
交通の便の詳しいご案内はこちら

運営者情報


© 2019 交通事故むちうち専門ラボ All rights reserved.