MENU

むち打ちの施術方法について

自動車事故・自転車事故やバイク事故など様々な状況でむち打ちは発生します。

 

むち打ちといっても事故の衝撃で症状の出方が違うため、施術の方法も異なります。

 

ここでは、むち打ち施術について解説していきます。

 

交通事故で起きるむち打ちの症状

  • 首痛み・倦怠感
  • 頭痛・めまい
  • 手のしびれ
  • 耳鳴り・吐き気
  • 不眠
 
これらの症状は、むち打ちになったら必ず出るのではなく事故の衝撃の強さで変わってきます。
また症状が多いほど施術期間が長くなる傾向にあります。
 
むち打ちはすぐに 症状が出る場合と後から出てくる場合があり、後から症状が出てきても交通事故後2週間以内なら補償の対象になります。
 
交通事故後2週間を超えてしまうと交通事故との因果関係を証明することが難しいため補償の対象にならなくなります。
 
もし少しでも身体に異変を感じるのなら、2週間以内に施術院に行きましょう。

 

 

初期の対処が重要です

むち打ちは画像検査で原因が出てこないやっかいなものです。

その為、少しの痛みだと一度病院に行ったきり通院をしない方がいます。

 

痛みが治まってもゆがみが残る事はよくあります。

この為、補償期間外になって「頭痛・肩こり・耳鳴りやめまいなどの症状が出た。」と当院に駆け込んで来る方がいます。

 

初期の頃にしっかり施術しておけばこのような事態は起こらないので、どんな軽い症状でも私に相談して下さい。

 

 

交通事故のむち打ち施術

自賠責保険を使って交通事故の施術を行っているのは、主に病院と整骨院です。

 

病院の主な施術は、牽引・電気・シップ・飲み薬です。

整骨院の主な施術は、マッサージ・骨格矯正・運動療法・電気です。

 

マッサージ・骨格矯正は、施術院によって技術の差があるため効果が変わってきます。

また交通事故専門とうたっていても必ずしも技術が高いとは限りません。

 

ではどうやって技術の高い施術院を見抜くか!

 

残念ながら施術を受ける前に技術が高いかどうかを見抜くのは難しいです。

しかし交通事故治療実績が多いところであればそれなりに効果があると思います。

 

当院では無料むち打ち施術体験を行っています。

交通事故に遭われた方は一度お試し下さい。

 

 

むち打ちによくない事

むち打ちを早く治すために気を付けてほしいことがあります。

 

以下に書いたことを知っているとよりむち打ちの治りが良くなります。

 

参考にして下さい。

 

 

むち打ちはコルセットをするべきか?

コルセットを付ける意味として、固定と安静があります。

 

痛みが強い時、首を動かすことで首の回復を妨げてしまうので固定をする必要があります。

 

また首は頭を支える働きをしているので痛みがある状態で頭を支えるのはものすごく辛いです。

このためコルセットをすることで首の負担を軽減し安静を保つ事ができます。

 

コルセットは痛みが強い時であればすごく効果的です。

痛みの感じ方は個人差があるので、あなたがコルセットをして楽と感じるのなら着用して痛みが落ち着いてきたら外せばいいんです。

 

ただし、長期間の着用はおすすめしません。

なぜなら頭を支える首の筋肉の力が弱くなるのと首の関節が固くなってしまうからです。

 

筋肉が弱くなり関節が固くなるとひどい肩こりと頭痛で悩まされることがあります。

 

こうなると後遺症に発展してしまう可能性があるので、コルセットは痛みが落ち着いたら外しましょう。

 

 

むち打ちにストレッチは有効か?

ストレッチは、引き伸ばすという意味があり身体を伸ばす事で固まった筋肉をやわらげ関節の可動域を広げる効果があります。

 

強い衝撃で起こるむち打ちは、頚椎の損傷と筋肉の硬直が起きているのでストレッチするのはやめましょう。

痛めている部分を伸ばす事は治りを遅くさせます。

 

ただし痛みが落ち着いてきて筋肉の硬直がなかなか取れない場合はストレッチをする事が有効になります。

 

ストレッチを始める時期ややり方などは、自己判断で行うのは危険なので専門家の指示に従いましょう。

 

 

むち打ち初期に痛みを強く感じるマッサージはよくない

むち打ちは頚椎の損傷と筋肉の硬直があり、初期には痛みを伴っているために強い刺激は痛みを増幅させてしまいます。

このために痛みが強い時期にマッサージを行うことは控えた方がいいです。

 

ただし筋肉をほぐして血流を良くすることで回復力が高まることもあり専門的な技術を持った治療院であれば、むち打ち初期から施術を行う事が出来るので回復も早まります。


当院ではむち打ち初期から施術を行っています。



むち打ちに首の矯正は必要か?

交通事故は瞬間的に強い衝撃が身体にかかり骨格をゆがめてしまいます。

 

多くの施術院は痛みが取れたら施術を終了してしまいますが、痛みがとれてもゆがみが残っていることがよくあり数年後に頭痛や肩こりなどの症状が出てくる人が多くいます。

 

なぜこのように言えるかというと頭痛や肩こりで当院に来た方のお話を聞くと半分の方が昔、交通事故に遭ったといっています。

その方達の身体を検査して共通して言えることが首のゆがみがあり首の関節に柔軟性がないことです。

 

これは交通事故の衝撃で首がゆがんでしまい、年月をかけてゆがみが進行したために頭痛や肩こりの症状が出てきたと思われます。

 

このことを踏まえると交通事故にあったら首の矯正や全身の矯正をする必要があると言えます。

 

当院では骨格矯正を含めた交通事故の施術を行っています。

 

 

病院のむち打ち治療について

むち打ちは画像検査で異常が見られない事が多いので病院では、牽引・電気・湿布・薬での施術になります。

 

 

牽引はお勧めしません

日本整形外科学会の『腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン』では、「牽引療法がヘルニアによる腰痛、下肢痛の改善に有効であるかは明らかではなく、保存療法の一貫として牽引療法選択の是非を検討する必要がある」と記されています。


簡単に言えば、牽引療法の効果ははっきりとした根拠が出ていないのです。


腰の事だけじゃないと思うかもしれませんが、これはむち打ちにも当てはまります。


実際、牽引がむち打ちに効果的だという明確な文献はありません。


かえって悪くなるという症例もあります。

 

牽引が好きな方もいますので、絶対にダメとは言いませんがお勧めはできません。

 

 

 

電気治療

身体に電気を流すことで筋肉を収縮させ筋肉をほぐし血流をよくする方法です。

 

また電気にも種類がありそれぞれ効果が違いうので、施術院の方針によって使っている電気は異なります。

 

 

 

シップの効果

シップは痛みの緩和を目的として使用しますが、むち打ちを治しているものではありません。

 

むち打ちの痛みを一時的に緩和させているだけなので、シップだけで治るとは思わないで下さい。

 

 

飲み薬

むち打ちで処方される飲み薬は、「痛み止め」「筋肉を柔らかくする」などがあります。

 

飲み薬の効果は痛みを緩和させて症状を軽減させますが、根治させるものではありません。

 

 

どこで施術を受けたらいいか迷っているあなたへ

むち打ち施術について解説をしてきました。

色々知るとどこで施術を受ければいいか迷ってしまいますよね。

 

鍼灸整骨院 かまたきでは無料でむち打ち施術体験を行っています。

 

施術院を決める前に一度試すことが出来るます。

施術があなたに合えばそのまま継続し、合わなければ違う施術院を探して下さい。


交通事故被害者窓口

 line.png 

24時間いつでも相談無料     院長が直接対応します。                          

①お名前

②事故が起きた日

③お身体の状態 

以上の内容をメッセージでお送り下さい。                

お役立ち記事

交通事故症例

交通事故で知るべきポイント

むちうち症状の悩み解決

自賠責保険・任意保険

後遺障害認定の受け方

過失割合について

営業時間、平日 8:30-12:00 15:00-22:00
土曜 8:30-17:00(受付は診療終了時間30分前まで) 
休診日 木曜午後・日曜祝日 

こんにちは(ご挨拶) 

あなたの首・肩・背中のコリや痛みを外傷施術のスペシャリストが改善いたします!
首や肩の動きが制限されて辛い・・・そうお思いのあなた!
むち打ち症の対処の仕方や自宅で行う体操法などわたしが丁寧にお話しします。
 

交通事故むちうち専門ラボ
(鍼灸整骨院かまたき) 代表
鎌滝 徳孝 (柔道整復師)

アクセス

〒264-0035
千葉県千葉市若葉区東寺山町572-21

JR線千葉駅車5分 駐車場あります
交通の便の詳しいご案内はこちら

運営者情報


© 2019 交通事故むちうち専門ラボ All rights reserved.