千葉市若葉区中央区の交通事故のむちうちで評判のいい鍼灸整骨院かまたき
『電話をしてからお越し下さい』  『当日予約OK』  『むちうち治療は平日22時まで診察』

交通事故の被害者

交通事故の被害者

交通事故の被害者になってしまった!!
被害者は『加害者がきちんと対応してくれるだろう』と受け身になりがちですが、実際はそうでもないかも?

被害者になってしまったら損をしないよう、知識を身につけ、積極的に意思表示をしましょう。

通事故被害者の権利

交通事故の被害者は、交通事故により受けた損害を加害者に請求する権利があります。

被害者の権利

自賠責保険

〇治療費    …ケガの治療
〇通院費等   …通院、入院に要した交通費
〇休業損害   …ケガにより仕事を休んだ損害に対して休業補償
〇看護費    …通院の際付き添いが必要と判断された場合
〇診断書等の費用…診断書、診療報酬明細書等の発行手数料
〇文書料    …交通事故証明書、被害者の印鑑証明書意見書・住民票の発行手数料
〇傷害慰謝料  …精神的・肉体的な苦痛に対する補償
〇後遺障害慰謝料…治療を受けたが回復に至らづ後遺症になった場合

任意保険

〇壊れた車の修理費
〇車の買い替え費用
〇自賠責保険で賄えない賠償金

整骨院で受けられる交通事故の補償

交通事故のケガの治療関係費

交通事故の手続きに関わる文書料

交通事故治療費0円
交通事故のケガは自賠責保険適応で、自己負担0円で施術を受けられます。
通院にかかる交通費、診断書等の費用なども補償の対象になります。
交通事故の文書料
警察から発行される交通事故証明書や被害者側の印鑑証明書・住民票等の発行手数料が補償の対象になります。

仕事を休んだ休業補償

慰謝料

交通事故の休業補償
交通事故によるケガのために仕事を休み収入が減 少した場合、休業1日5700円が休業日数に応じて支払われます。
有給休暇を使用した場 合、家 事 従 事 者 の 場 合 も対象になります。
交通事故の慰謝料
整骨院に通院することで自賠責基準で補償される1日4300円が通院回数に応じて支払われます。

交通事故の被害者が知って得する3つのポイント

1 納得できない過失割合は交渉次第で変わる事がある

2 交通事故でケガをしたら必ず人身事故扱いにすること

3 相手の保険会社とは仲良く

1 納得できない過失割合は交渉次第で変わる事がある

過失割合とは、交通事故の責任をがどちらにあるかを割合で示すものです。

過失割合は民事上の問題のため、決めるのは警察ではありません。被害者と加害者の加入しているそれぞれの保険会社が協議の上決定します。

加害者側と被害者側双方で事故状況の主張が食い違っていることは良くある事ですが、そのような場合に過失割合で揉める事が多いようです。「ぶつけられたのに過失割合をとられることに納得がいかない」でも解説していますが、もし過失割合に納得がいかない場合は保険会社に交渉してみましょう。

ドライブレコーダーの画像や事故直後の画像、目撃者などがいたらそれを元に主張するのが良いでしょう。

過去に、私がみてきた患者さんで過失割合4:6だった方が、交渉の結果1:9になったというケースもあります。

2 交通事故でケガをしたら必ず人身事故扱いにすること

交通事故は『人身事故』と『物損事故』に分けられます。

人身事故と物損事故のどちらを選択すべきか」でも解説していますが、交通事故の際、どっちにするべきか悩む方もいるようです。

しかし、交通事故で少しでも人体に損害が生じたら原則的に『人身事故』です。

人身事故扱いは行政処分(免許の点数)の加算や、刑事処分の対象です。

ケガの程度が軽いと「加害者がかわいそうだから」と『物損事故』にしてしまう人もいるようですが、『物損事故』は被害者にとってメリットはありません。

治療費は全部払うから物損にしてとお願いされたら」でも解説していますがメリットがないどころか、慰謝料の支払いもしてもらえない可能性もありデメリットの方が大きいかも。

3 相手の保険会社とは仲良く

加害者の保険会社だと敵対視する方がいますが、保険会社は敵ではありません。

しかし、保険会社の対応は担当者によって差が出てくるようです。

そのため、保険会社の担当者の対応が悪く、嫌な思いをする方もいるようです。

保険会社の担当の対応に不満がある」と言う方は多いようなので不満を持つ方の事例と対処法をまとめました。

一方で、真摯に対応して下さる担当者やケガを心配して下さる担当者もいます。被害者になってしまったら「保険会社が納得する整骨院のかかり方」を知り、まじめに正しく通うことでトラブルを防ぐ事ができます。

まだ症状が残っているのに治療の打ち切りを迫られた!などのトラブルは珍しくありません。そんな時は「交通事故の治療費打ち切り対策」を知り、賢く対応しましょう。それでも合わないと思う場合は保険会社に連絡して担当者を変更してもらう事も可能です。

交通事故で自覚症状がなくてもまずは受診を!

交通事故によるケガは、初めのうちは何ともない、または軽い痛みの事が多く、治療を受けないと時間とともに痛みが強くなるケースは珍しくありません。

しかし、交通事故から2週間以上経ってしまうと事故との因果関係が認められず、治療が受けられなくなってしまいます。

むちうち症は初期の対応が大切です。自己判断したりせず「事故直後のむちうちの対処法と安静期間」を参考にしてみてください。

むちうち症に関する質問でよく尋ねるられる、「むちうちは治りづらいって本当?」では交通事故の衝撃の大きさを分かりやすく説明しています。

むちうち症について」のページでは、むちうち症が起こるメカニズムや、むちうち症を治すための知識、当院におけるむちうち症治療などが詳しく書かれてます。

まとめ

交通事故の被害者は交通事故により受けた損害を加害者に請求する権利があります。

納得できないことや分からない事は知識を持って対応することで解決の糸口が見つかる可能性もあります。

損をしないためにも、自賠責保険や交通事故のケガの治療のことについて把握しておきましょう。